企画展

企画展

開催中の展示   これまでに開催した展示   これまで資料提供・制作協力した展示・映像等

開催中の展示

2014年4月1日~
創価大学では、創立者が世界各国から、名誉学術称号を受章されていることを慶祝し、特別展示「創立者池田大作先生の教育・学術交流―名誉学術称号受章の軌跡-」を開催しています。

これまでに開催した展示

2015年5月2日~8月30日
創立者池田大作先生と20世紀を代表する歴史家アーノルド・J・トインビー博士との対談集『21世紀への対話』の発刊(1975年3月20日)から40周年を記念して、文系校舎A棟 1階特別展示場にて、「池田大作とトインビー展」(主催:創価大学)が開催されました。
2014年10月10日~11月30日
創立者池田大作先生の日中友好の軌跡を紹介する「理解・友誼・平和―池田大作と中国展」が開催されました。10月9日に開幕式が行われ、駐日中国大使館の白剛公使参事官ら多くの来賓をはじめ、学生、教職員ら約140人が出席しました。
2010年11月27日~2014年3月20日
創立者池田大作先生の300番目の名誉学術称号御受章を慶祝し、本部棟5階ロビーにおいて、「名誉学術称号300御受章記念特別展-創立者池田大作先生の教育・学術交流の軌跡-」が開催されました。
2005年3月19日~9月19日
創立35周年記念展示、「『新・人間革命』創価大学の章を見る」が開催されました。これは、創立者が全103回にわたって執筆された『新・人間革命』の「創価大学」の章に注目し、 章のストーリーに沿って創価大学の歴史を紹介した展示です。
2004年7月22日~9月19日
創価教育研究センター所蔵の創立者著作「翻訳書籍1300冊」展が開催されました。これは、4月に行われた創立者著作「翻訳書籍1000冊展」が好評を得て、リニューアルした展示として開催されました。
2004年4月6日~4月18日
創立者の150番目となる名誉学術称号のご受章を記念して、創価教育研究センター(現研究所)所蔵の創立者著作「翻訳書籍1000冊」展が開催され13日間で約1700名が来場さました。
2004年
池田文庫所蔵の魯迅著作及び関連作品を展示
場所:本部棟6階第4展示室
2003年5月1日~5月30日
創価大学の歴史―開学から現在まで―
卒業記念文集・学生に頂いた創立者揮毫―開学以来の学生記録―
池田・トインビー対談から30周年―グレート・ダイアログの源流―
場所:本部棟第3・第4展示室

これまで資料提供・制作協力した展示・映像等

2013年1月~2016年10月
第三文明社発刊の『第三文明』「創価教育の源流」への資料提供を行いました。
(執筆・制作:「創価教育の源流」編纂委員会)
2015年7月3日~8月2日
明治大学博物館特別展示室において、第2回全国大学史展「学生たちの戦前・戦中・戦後」が開催されました。創価大学から1点の写真資料を提供し、「写真でみる学生生活―学園祭編―」の戦後のコーナーに、創大「学生夏祭り」の写真が展示されました。
2010年1月15日~2月14日
明治大学博物館特別展示室において、第1回全国大学史展「日本の大学―その設立と社会―」が開催されました。創価大学から写真資料を提供し、「創大正門開通式」の写真が展示されました。
2006年10月4日オープニング、以降全国巡回
平和の文化と子ども展
創価学会女性平和委員会が主催する「平和の文化と子ども展」に資料を提供しました。
2006年9月14日~9月28日
北海道石狩市の石狩市民図書館で開催された「新石狩市と子母澤寛(しもざわ かん)~同郷人 戸田城聖との出会いから~」と題する展示に創価教育研究所が協力しました。
2006年
紀伊国屋書店の評伝シリーズ「学問と情熱」『牧口常三郎』(斎藤正二監修)
3カ国語(英語・中国語・スペイン語)版の制作
映像制作(DVD)に協力しました。
2004年
紀伊国屋書店の評伝シリーズ「学問と情熱」
『牧口常三郎』(斎藤正二監修)の映像制作
資料提供、監修に協力し、VHS,DVDが発売されました。
2004年
平和の道 教育の光 創価の三代会長展
創価学会の創立75周年を記念して愛知県名古屋市にて開催された「平和への道 教育の光 創価の三代会長展」の名古屋展に資料提供にて協力しました。
2001年
テレビ北海道制作「教育は子どもの幸福のために―牧口常三郎が目指したもの」
(平成13年10月28日放映)
2001年
国内外の雑誌・新聞・TVへの情報提供